邪気を取り除く贈り物|邪気払いに最適なアイテム|羽子板で女の子を祝福

邪気払いに最適なアイテム|羽子板で女の子を祝福

邪気を取り除く贈り物

家族

破魔弓の習慣は昔に比べてあまり行われなくなりましたが、高齢者のいる家庭では子供が生まれたときには飾られることが多いです。そもそも破魔弓とは男の子が生まれた年の次の年の正月に飾られるものです。この習慣は江戸時代から始まっていて、破魔弓には邪気を取り除く力があると信じられてきたことに由来します。そのため、男の子の初正月に飾ってこれからの1年災いがないように幸せを願う気持ちがこめられています。もちろん、破魔弓自体は正月以外にも使われることもあります。たとえば、新築の家に入居するときに、工事が無事に済んだことを神に感謝するために飾られることもあります。破魔弓はこのような用途もありますが、男の子が生まれたときに飾るのが一般的です。

破魔弓は基本的には小さい弓と矢から構成されているものです。弓というのは武士にとって非常に重要なものだったので、男の子が生まれると、どこの家庭でも武士のように力強い子に育ってほしいということで飾られることになりました。そのため、女の子が生まれたときには飾りません。こうした習慣が家庭で広まったのは江戸時代ですが、もともとの起源は天皇家にあります。大化の改新以降に宮中で天皇の子供が生まれたときに鳴弦の儀式が行われました。弓を的で射る儀式ですが、この的を「はま」といいます。この儀式は現代になってもまだ行われているのですが、これが庶民に広く広がって簡略化しました。これが現在の破魔弓の習慣です。日本の伝統儀式なので大切にしましょう。